広島市の内科診療なら立町クリニック

脂質異常症とは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が過剰になっている状態または善玉コレステロールが減少している状態のことを指し、以前は高脂血症と呼ばれていました。脂質異常症の発症には喫煙や食生活、運動不足などの生活習慣が深く関わっているため、生活習慣病の一種であるとされています。脂質異常症の患者数は年々増加しており、現在200万人超と推定されています。脂質異常症は発症しても最初は身体的症状が現れませんが、悪化すると動脈硬化を引き起こし、動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞に至る恐れがあります。広島市にある立町クリニックの内科では、脂質異常症をはじめとする生活習慣病の予防から治療まで行っております。高血圧など生活習慣病の兆候が表れたら、広島市の当院の内科に一度ご相談ください。

広島市にある立町クリニックの内科では、風邪や花粉症、頭痛などの一般的な診療はもちろんのこと、前述の生活習慣病外来や禁煙外来といった専門外来の診療も行っております。2006年4月より、喫煙は単なる習慣ではなく「ニコチン依存症」という病気であるということが認められ、一定条件を満たせば禁煙治療が保険適用となりました。広島市の当院内科の禁煙外来では、医師が適切な診断を行い、一緒に禁煙プログラムを進めていきます。また、COPDと呼ばれる慢性閉塞性肺疾患の治療も行っております。COPDの原因の9割は喫煙とされており、喫煙者の約6人に1人はCOPDを発症しています。多くの場合、COPDと気付かないまま病気が進行し、肺炎やインフルエンザ等の合併症によって急性憎悪を引き起こした場合、命に関わる危険性があります。喫煙者で、息切れや咳が続くという方は、早めに広島市の当院にご相談ください。立町クリニックは、立町停留所から徒歩1分と広島市内からも広島市外からも通院しやすい立地にございますので、内科診療のことなら広島市の立町クリニックへお気軽にご相談ください。

pagetop