むずむず脚症候群にお悩みの方は広島市の精神科へ

現在、日本人の5人に1人は不眠症といわれています。不眠症にもさまざまな原因があり、その原因の一つに「むずむず脚症候群」というものがあります。むずむず脚症候群とは身体の末端に不快感や痛みを感じる病態のことであり、症状は主に脚に現れます。この病気の特長は、「脚の奥の方にほてりやかゆみを感じて動かしたくなる」「じっとしているときに症状が現れたり、強くなる」「脚を動かすと症状が軽減したり、消える」「夕方から夜に症状が現れたり、強くなる」という4点です。むずむず脚症候群の正確な原因はまだ明らかにされていませんが、鉄の欠乏やドパミンの代謝異常が関与していると考えられています。この病気はまだ一般認知度が低いですが、神経科や精神科で適切な治療を受けることによって症状の改善が期待できますので、広島市でむずむず脚症候群にお悩みの方はぜひ一度当院の精神科・神経科をご受診ください。

広島市中区にある立町クリニックの精神科・神経科では、うつ病や不眠症のみならず発達障害の一つであるADHDの診断・治療も行っております。ADHDとは注意欠如多動性障害のことであり、「不注意」「多動性」「衝動性」を特徴とする先天性の脳の機能障害です。ADHDの症状は周囲に理解されにくく、心の病気を併発してしまう恐れがあるため、適切な治療やサポートが必要です。広島市の当院では、精神科専門医が的確な診断かつ十分な説明をし、一人ひとりに合った治療を行っていきますので、お一人で悩まずに、ぜひ一度お気軽にご相談ください。精神科・神経科だけでなく内科の診療も行っておりますので、身体的な不調についても同時に治療いたします。当院は広島市の中心部、広電立町電停から徒歩1分と広島市内はもちろん、広島市近郊からも通院しやすい立地となっております。日常生活を送る上での心配事や悩み、またご家族の様子が少しでもおかしいなと感じたら、当院に一度ご来院ください。

pagetop